もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

大掃除

2020
11/25
葬祭部の広田です。

森田石材店も、もみじ市民ホールでも年末には大掃除をします。ご家庭でもされるところはあると思いますが、会社と和田ホールと谷川ホールの大掃除はなかなか骨が折れます。とくにホールは天井が高いのでエアコンや換気扇の掃除をするのも一苦労です。ですがこういった機会に掃除しておかないと、仏壇仏間のあるお宅ならわかってくださると思いますが、お線香の煙って壁や天井に付いてしまいますよね。そのままほっておくと汚れが取れなくなってしまいますので要注意です。高い所には埃もたまります、会館の外には雑草や苔が生えてきます。皆さんに気持ちよく会館を利用していただくためにも日頃からお掃除頑張ってます。ご家庭の大掃除も頑張りましょう。
76e8f328a5676f522cb5e993c75237b7.png

遺影写真

2020
11/23
葬祭部の門脇です。

遺影写真は後々まで残るもので、ずっとその写真を飾っていくことになります。また、限られた時間の中でどの写真で作るかを決めなければいけません。葬儀となると他の事もしないといけませんので大変です。葬儀の準備として事前に写真屋で撮影しておくこともひとつです。もしくは、事前に数枚の候補を決めておくこともよいかもしれません。
 写真を決める基準は、親指サイズ程の顔の大きさがあると、ぼやけたりせず綺麗に映ります。今は着せ替えだけでなく、ある程度の修正ができます。要らない部分を消す、服の襟を直す、髪を増やす、口角を上げる事もできます。しかし、修正を加える過ぎると違和感が出てくることもあります。着せ替えの合成をした場合、普段着られないような服であると、どうしても違和感が出ます。普段着であっても、故人様らしさが感じられる写真が一番です。
 故人様が普段写真を撮られる機会が少なく写真が無いという場合は、運転免許証などの証明写真で作ることもできます。また故人様が老人ホームやデイケアなど行かれているようであれば写真が施設などに大体はあります。
 携帯電話のカメラ機能で写真を撮る事も多くなりましたので、ご家族がお話しながら撮影されたものであれば、リラックスされた表情の一枚が撮れるかもしれません。
osoushiki_iei_obaasan.png

神葬祭

2020
10/25
葬祭部の杉上です。

先日、神道の葬儀の担当をさせていただきました。

仏式の葬儀でもお供え物はいたしますが、神道の葬儀において、お供え物は欠かせないもので、神式葬儀をする場合には特に大切な準備の一つです。

神道において神様に献上する食事の事を「神饌(しんせん)」と呼びます。この神饌が神様に対するお供え物の中心です。お供え物の神饌としては、基本的には調理または加工したものではなく、素材そのままをお供えします。例えば米であれば、炊いたものではなく生米のままで供えられます。

基本は、お酒・米・水・塩で、さらに海の幸・山の幸・果物や野菜・乾物類などが祭壇にお供えします。

他にも仏式と違うのは祭壇に神鏡(かがみ)が置かれることと、焼香の代わりに玉串奉奠が行われます。玉串とは、榊の枝に四手という紙片を下げたもので、神の霊が宿る依り代とも言われています。

仏式葬儀の焼香、神葬祭の玉串奉奠と形式は違いますが、故人への哀悼の意を表すために行うという点は同じです。1番大事なのは「故人へ気持ちをむけること」です。

仏壇の中

2020
10/15
葬祭部の広田です。

たまに、本当にごくたまにですが仏壇の中にご本尊が無いお宅があります。脇尊(ご本尊の左右にある掛け軸など)が無いのはまだよいのですが(本来はよくないですが、、、、)ご本尊がないとなると、その仏壇の中に仏様がいないことになってしまいます。せめてご本尊はお祀りしましょう。また用意する時には宗派によってご本尊が違いますのでご紹介します。天台宗(阿弥陀如来もしくは釈迦如来)、曹同宗(釈迦如来)、真言宗(大日如来)、浄土宗(阿弥陀如来)、浄土真宗(阿弥陀如来絵像)、臨済宗(釈迦如来)、日蓮宗(曼荼羅)は必ず祀るようにしましょう。脇尊も宗派ごとによって用意するものが違いますので、ご準備されるときはしっかり調べてから用意しましょう。
450-20130308135518115778.jpg

各自治会とお寺様

2020
10/14
葬祭部の広田です。

山南町はだいたい自治会ごとに菩提寺が決まっています。〇〇自治会なら〇〇宗の〇〇寺ですといったように。もちろん当てはまらない自治会や家もあります。よく葬儀の時に親族の方が集まって喪家の方に様々なアドバイスをされますが同じ自治会で同じ菩提寺の場合とてもありがたいアドバイスになりますが、住んでいる地域も菩提寺も宗教も違う方の発言は時に喪家を惑わせる原因となる事もあります。気持ちはありがたいのですがそういう時は喪家からアドバイスを求められたときに「うちの方の地域ではこうだよ」や「〇〇寺さんの場合はこうだよ」と答えてあげるのが一番親切だと私は思います。いくつか自治会や菩提寺ごとに違う点を紹介すると、枕経を行わない、病院や施設から家に帰ってこられたときに最初から北枕にする、通夜式を行わない、初七日をその日のうちに行わない、公民館受付がある、自宅留守番がある、自宅受付があるなどあげていったらきりがありません。私共はありがたいことに山南町内の葬儀のほとんどを任せていただいておりますので、各自治会の風習やお寺様の決まり事をあらかた把握しております。安心してお任せくださいませ。
<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら