もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

感謝の気持ち

2017
10/11
pwanko.jpgのサムネイル画像
葬祭部の広田です。

先日、31歳の誕生日を迎えました。
日本に生まれ、日本で育ち31歳を迎えられる確率は98.7%らしいです。
かなりの高確率に思われますがこの数字は日本で生まれ育った場合の数字なので、世界で考えるともう少し確率は下がります。
確率の話になってしまいましたが、何が言いたいのかといいますと自分が今この年齢を迎えられているのは決して当たり前ではないということです。
生まれて直ぐに亡くなった人、急な病気で亡くなった人、事故で亡くなった人、人生はいつまであるのか保証はありません。
そう考えると命の尊さ重さをより感じます。

私はいつからかは明確には覚えていませんが、おそらく高校を卒業したあたりから自分の誕生日の日には必ず親に「いつも有難う」と伝えるようにしています。
よく言いますよね、「誕生日は親に感謝する日」と(*^_^*)
自分が生まれた日に一番頑張ってくれたのは母親、自分が生まれた日に一番心配してくれたのが父親ですから。

いつかのブログで絵本の話をしましたがその時の話と似ていて、感謝の気持ちもきっちり言葉にして相手に伝えるべきでしょう。
そうすることで親に気持ちが伝わり感謝の気持ちも深まることでしょう♪

余談ですが私は親とケンカをしたことがありません。
逆らったことも口ごたえもしたことがありません。
反抗期もありませんでした。
親が子供を育てることが当たり前とも思ったことはありません。
きっと感謝の気持ちがずっとあったことと尊敬できる存在だったからでしょう。
自分もいつかそう思われる親になりたいと思います。

善意をカタチに

2017
10/10
祭部、義積です。
最近、生命保険の見直しをしました。自分が亡くなった時、自分の財産は一人娘に残したい気持ちで最善の保険を選びました。私は子供が相続人となりますが、配偶や兄弟、子供をはじめとする法廷相続人がいない、いわゆる「おひとりさま」は、どうなるのでしょう。
 引取り手が居ない故人の現金は、自治体が家庭裁判所のもとで弁護士らに債務整理を依頼し、清算手続きなどにかかる費用を差し引いた分が国庫に入ります。弁護士らへの報酬をまかなえない少額の現金については、自治体は引き取り手が現れるときに備えて手元に保管している「遺留金」となります。
 また、自分の財産を社会貢献する事もできます。遺言によって財産の全部または一部を法定相続人または法定相続人以外の人に無償で贈与することを「遺贈(いぞう)」といいます。国内外には、寄付により社会貢献ができる団体である「ユニセフ」や「難民を助ける会」などがあります。世界の貧困や戦争のニュースや記事を読むたび、自分は平和で恵まれた毎日だとくづく思います。もちろん子供や孫に残す事も大切です。自分が一生懸命貯めてきたものを誰かの為に役立だてる事も良いですね。
145313.jpg

家族葬の定義

2017
10/09
もみじのブログでも、度々記事にあげている家族葬。
「家族葬」という名前だけがひとり歩きして、実際に家族葬って何?と思われる方も中にはおられると思います。
皆さんが持っている家族葬のイメージとしては
・費用が安い
・親族、家族だけなので会葬者に気を使わなくてもよい
等があげられると思います。

しかし、実際はどうでしょうか。
もちろん、家族葬をするのにも良いことばかりではありません。
実際に家族葬をした方の中にはこんな声もあがります。
・葬儀翌日から自宅へお参りの方が来られて家を空けれなくなった
・お別れしたっかったのにと周りから言われた
等、葬儀の後にどっと疲れたという話もお聞きします。

「家族葬の定義」というととても曖昧できちんとこう!とは言えませんが、あえて言うならば「家族、親族だけで儀式をするお葬儀」だと思います。
一般の方への告知はしないのではなく、告知もされて家族葬でする旨をお話されて、葬儀までにご自宅へお別れに来ていただくお時間をとる事が出来たら、ご当家、お友達も心起きなくお別れができるのでは無いでしょうか。

奥川

素敵なご縁②

2017
10/04
葬祭部の瀬川です。

先日、ご挨拶周りにお伺いした時のことです。
玄関のチャイムを押すと、男性の方が出てこられました。
「もみじ市民ホールの瀬川です」と言うと、「瀬川さんいうたら、前川?」とすぐに質問が返ってきました。
私の地元は山南町の為、営業にお邪魔していると意外とこの質問は多いのです。
「そうです、前川の者です!」と答えると、次々に私のお家のご近所さんのお名前が出て来ます。
そこで、私も会った事がない、亡きおじいちゃんの名前を言ってみると...。なんと、その方は私のおじいちゃんの後輩だったらしくご存知でした!
おじいちゃんの話で盛り上がっていると、「実は僕のお父さんは、瀬川さんのおじいちゃんのお父さんと同級生やねん」とカミングアウトを頂きました。
「足がめっちゃ速かってなぁ...」「ええ人やったで~」と私が会ったことのないおじいちゃんの事を沢山教えてもらえました。
これもまた、私がこの仕事をしていなかったら出会えなかった素敵なご縁です(*^_^*)

命から学ぶ

2017
10/02
葬祭部の広田です。
少し悲しいお話になります。
私の高校時代の友人は卒業後トリマーの専門学校へ進学しました。
その後、姫路のペットショップに勤めました。
そこで初めて生後数か月の子犬の世話を任されて大変熱心に世話をして可愛がっていたようです。
しかし身体の免疫力の低い子犬にはよくある事のようですが病気になって死んでしまいました。
すると、悲しんでいる友人のところに先輩の店員がやってきて子犬を新聞紙にくるんでゴミ箱へと捨てたんです!
私の友人は先輩に「なんでそんなヒドイ事をするんですか!」と食い掛かったのですがその先輩は
「自分はあくまで普通の事をしたまで、なぜ責められているのか理解できない」といった様子で
「このやり方が気に入らないなら辞めてもらって結構」と言われ友人は直ぐにそこを退職しました。

私はその話を聞いた時にとても悲しい気持ちになり、同時に友達で良かったと思えました。
ペットショップの業界の事は分からないので、もしかしたら友人を怒らせた先輩の行動が正しいのかもしれませんが、その事に怒りを覚え反発した友人の方が人として正しい行動・感情だと思います(私個人の感想です)。
周りには同じように心優しい友達、人の気持ちに寄り添える友達が集まってきます。
人徳というものだと思います。

誰もが幼いころ、興味本位で虫や動物の命を奪ってしまったことがあるでしょう。
そこで少しでも悲しい気持ちになってくれればいいと思います。
ただただ面白くてとか格好つける為とかだったらちゃんと注意してください。そのまま成長してしまうと先ほどお話しした先輩のような人間になってしまうかもしれませんので。

少し悲しい暗い話でしたが「命」を大事にしましょう!!
というお話でした。

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら