ブログ「もみじ市民ホール」
もみじ市民ホールの記録の記事

ひとつのご縁

2017
03/21
以前、葬儀のお手伝いをさせていただいた方のご両親は、終の棲家として丹波に住んでいらっしゃいました。娘さんは私の母と変わらないお年の方で、大阪から通われていました。ご主人が定年退職をされ、これから夫婦二人で余生を楽しもうとした矢先に、ご両親の介護が始まり2年続けてご両親を亡くされました。葬儀が終わり、何度が訪問させていただいた時に、介護や、ご両親が造られた庭の話、京都に納骨へ行く話など、いろいろ話をするうちに少し仲良くなりました。

四十九日が終わり、後飾り段の片付けにお伺いすると帰り際に「お体に気を付けて、お仕事がんばってくださいね。」と、お声をかけていただきました。嬉しい言葉ともう一つ「私は、もうこの地に来ることはないんです。」と言われ、私は思いがけず泣いてしまいました。大阪に戻ったらという話は聞いていたのですが、この方とお会いするのが最後と思うと、すごく寂しい気持ちになり涙が抑えられませんでした。そして、手を握って「ありがとうございます、いつまでもお元気で、お体大切にお過ごしくださいね。」と言ってお別れをしました。

ご両親の葬儀をお手伝いをさせていただき、短い期間でしたが心通うお話が出来たことを、嬉しく思います。

ご夫婦で楽しく過ごされていることを思わずにはいられません。

老夫婦2383.jpg

杉上

4名のお葬儀

2017
02/21
先日、会葬者が親族さん4名様だけのお葬儀を施行させていただきました。
故人様には、家族が居らず親族の方が葬儀をだされました。

お葬儀のご依頼をいただいた時から、4名だけとお聞きしており打ち合わせもスムーズに進みました。
4名さまだけなら、祭壇も控えめな物をと思っていたのですが、故人様の姪にあたります喪主様が「最後だから」と、少し華やかな祭壇を選ばれました。

納棺の際には、故人様のお好きだったお洋服をご準備されていたのでお着替えをさせていただくと、とても喜んでいただけました。
ご家族様ではなく、ご親族様が出されたお葬式だったためあっさりとしたお別れになってしまうのかと少し心配もしていましたが、最後のお別れの際には故人様へ優しくお声をかけていらっしゃり、暖かみのあるお式となりました。

大きなお葬儀で大勢の方に送っていただくのも勿論良いのですが、今回のように本当に親しい方だけのお葬儀も暖かみがより感じられ良いなと思いました。

奥川

じいじへ

2017
02/14
先日、執り行いましたお式で、皆さんに亡くなったおじいちゃんへ最後のメッセージを書いていただきました。
心温まる言葉の中に、可愛らしいイラストが有りました。入院中のおじいちゃんに書いていたのだけど、渡せなかったのでメッセージと一緒に棺の中に入れてあげたい、とのことでした。

『にゅういんがんばってね』
『だいじょうぶ』
『だいすき』

覚えて間もない字で一生懸命書かれてありました。94才のおじいちゃん、きっと目に入れても痛くないほど可愛がられたひ孫さんだったのでしょうね。イラストにはハートがいっぱいでした。

おじいちゃん、どうぞ ひ孫さんが健やかに成長されるのを天国から見守って上げてください。 

合掌

めいCIMG7568.jpg

杉上

記帳のススメ

2017
01/24
通夜、葬儀において会葬に参列された方に
ご記入いただく「御会葬者芳名禄」というものがあります。

地域差はございますが、もみじの葬儀にお越しの方には
ご記帳をお願いしています。
実はこの「御会葬者芳名禄」に記帳することは

とても大事なんです!
 
通夜と葬儀、どちらも大勢の方がお越しになります。
当家の方は慌ただしい中で、ご参列の方々を
すべて覚えていられません。
ですから、後で確認するために使えます。
また、満中陰志のお品を送る際の住所を調べるのにも

とても役に立ちます(無いと苦労します)!

「御会葬者芳名禄」は参列者本人が氏名、住所を記入します。
他の人の香典を預かってきた場合には、預かった人の名前は記入しません。

このように「会葬者芳名禄」は、実際に来られた人を確認して整理するものであり
香典の整理については香典帳という別の帳面で整理します。

DSC02127.JPG

なかには記帳を遠慮される方もおられますが
ご遺族に寄り添う気持ちを込めてご記帳ください。
ご遺族もきっと喜ばれますよ。

杉上



悲しみは我慢しないで

2017
01/19
以前、知り合いの方が亡くなられました。
お出会いすると、楽しくおしゃべりをしてくださり、
かなり年の離れた私にも、優しく接してくださる方でした。
その方が亡くなられたのを知って、涙があふれ、
もう会えないと思うと、なんとも言えない感情があふれました。
知人の私でさえ、こんな感情になるのですから、
家族の方にとっては、どんなに辛いことであろう、
多くの葬儀に立ち合っておきながら
改めて実感しました。

大切な方が亡くなることにおいて、
悲しみをこらえるのではなく、
しっかり悲しむということは、
大切なことと言われています。

故人が亡くなってからわずかの間に
通夜、葬儀を行い、
親族への対応もあり、忙しさに追われます。
そのため亡くなってすぐの頃は、忙しさのあまり
悲しみを感じることが出来なくて、葬儀を終えてから
悲しみを感じ始める方も多いようです。

ただ悲しいだけではなく、
色んな感情となって現れる場合もあります。
そんな時は無理に感情を抑えたりせず、
出来る範囲で悲しんだり、泣いたり、
心の思いを素直に出してください。

また身近な人に話を聞いてもらいましょう。
それは友達かもしれませんし、
ご家族かもしれません。
故人の思い出話を一緒にしてくれる人や、
話を聞いてくれる人であればいいですね。
人によって個人差はありますが、
辛い気持ちが癒えて、
懐かしい思い出に代わってくる日がきますよ。

私たちも、葬儀後たびたびお邪魔します。
よろしければ、その時にお話しをしてください。

杉上

1  2  3  4  5  6
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら