もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

手作りの納骨袋

2019
01/28
葬祭部の奥川です。

最近、ブログでもよくお話させて頂いておりますが、忌明法要時の納骨のお話です。納骨の時は、私たちは納骨袋(さらしで作られた白い袋)を、準備させていただきます。
昨年お手伝いをさせて頂きましたお家の奥様は、納骨袋をご自身でお持ちになられました。
お話をお伺いすると、前日に作られたそうで、「持ってきてくれるのは知っていたけど・・・。」と仰っていました。

納骨の時には、手作りの袋を使って、納骨をさせて頂きました。
納骨に限らず、白装束等も生前に作られる方もおられます。
やはり既製品とは違って温かみが出ます。

「昔作った物で汚れているから」とおっしゃる方もおられますが、汚れていても構いません。
手作りの物で故人様を送り出してあげて下さい。

残された者の悲しみ

2019
01/25
葬祭部の義積です。

12月にいとこが亡くなりました。葬儀の仕事をして、たくさんの葬儀を経験してきましたが、二度と会えないと思うととてもさびしい気持ちになりました。

病気でやせ細った手を握っていると、いとこのご主人は、「僕は彼女のおでこが好きだった」と優しく撫でられて優しく話かけられていました。

これから一人暮らしをしないといけないが、家の書斎で仕事をしていると、そっとコーヒーを入れてくれる、リビングではインコに話しかけている、いつも仕事で成功した時は「良かったね」と褒めてくれる。部屋の家のあちこちに面影が映り、まだ普段の気持ちにはなれないと言われていました。とても仲の良いご夫婦だったので大切な人を亡くした辛さがひしひしと伝わりました。

大切な家族を亡くすと深い悲しみに襲われます。これは特別なことではなく自然なことです。この悲しみから少しずつ治癒されることを「グリーフワーク」と言われてます。葬儀を行い、斎場で焼骨し、その姿を見て亡くなったことを認識し、四十九日、百ケ日と段階を踏み日常の生活に戻っていきます(全ての人がそうなるとは限りません)。ご家族を亡くされたが身近にいらっしゃれば、せかさず、ゆっくりと日常に戻れるように見守ってあげてください。 



kokoro_pokkari_ana_man.png

香典返し

2019
01/24
葬祭部の杉上です。

香典返しは、お通夜やご葬儀で故人にお供えいただいた金品(香典)へのお返しです。
お悔やみいただいた方々へ、弔事が滞りなく終えたことと、御礼の気持ちを伝えるために贈るものですから、気持ちが伝わるお品選びが大切です。

香典返しには『不祝儀を残さない』という考えがあるため、『後に残らないもの』が好まれます。
そのため、お茶やコーヒー、紅茶、海苔、砂糖といった『食べたらなくなる』食べ物や飲み物がよく使われます。
相手の方がいつ召し上げるかは分からないため、日持ちのするものを選ぶと良いです。

また、『使えばなくなる』石けんや洗剤、タオル、シーツ、毛布などの日用品も定番とされています。
ただ、基本的に日用品はすでに持っているものなので、もらって余ってしまうというご家庭も多いようです。
素材にこだわったものを選ぶなど、同じものをもらっても嬉しいと思ってもらえるような工夫があるとよいですね。

満中陰志1309314127.jpg




のど仏

2019
01/22

葬祭部の横田です。

葬儀が終わると火葬場、斎場へと向かいます。
そして火葬終了後、火葬場で収骨を行います。

火葬場では普通の人は普段見ることがない本物のお骨が見られます。
身内が亡くなった心境の中、落ち着いて見ることはなかなかできませんが、よく見てください。

のど仏って何...?

第二頚椎、つまり首の骨です。頚椎は全部で7つあり、上から数えて2番目のお骨という意味です。

男性の喉に出ているのど仏は軟骨なので残りません。

こののど仏って何者で、どういう謂われからのど仏呼ばわりをされているのでしょうか...。

ダウンロードのコピー.jpg
ちなみにのど仏はこんな形です。
穴が開くぐらい見てください。





・・・何か人の形をしているような気がしませんか?



ダウンロー2ドのコピー.jpgのサムネイル画像

合掌して座禅を組んでいる仏様に見えませんか?

初めてこの名前の由来を知った時はこじつけだなぁと思いました...。
ちなみに指先の爪の下にあるお骨は指仏と言います。
指仏も形由来で、言い方は良くないですが、女子トイレのピクトグラムのような形をしています。

第二頚椎のひとつ上にあるお骨の第一頚椎は、リング型になっていてのど仏の上にかかるようになっているので、
お寺様が着けている袈裟に見立ててそのまま袈裟仏と呼ばれます。

火葬した後も故人様の体から仏様がたくさん残ると思うと、そばで見守ってくれているような気がしますね。




一緒にはたらきませんか

2019
01/18
葬祭部義積です。

当社では、一緒に働くスタッフを募集しています。色んな仕事があります。

例えば
◎親族と会葬者のご案内
◎裏方の事務仕事
◎ご遺族と葬儀を進める担当者
◎会館内の掃除と管理

正社員の他に、葬儀の時間だけ勤務するパートなど短時間でも可能です。
ご連絡は、森田石材店0795-77-0202まで。

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら