よくある質問

葬儀費用ってどんな内容なの?

葬儀の費用は4つの項目からなりたっています。
1.祭壇や柩・骨箱など葬儀に直接かかる費用
2.お食事や、会葬礼状・会葬返礼品など数によって変動する費用
3.霊柩車やマイクロバスなどの立替費用
4.お寺様への御礼(お布施)
です。

1は一般的にプラン料金とよばれます。
内容に応じてオプションをお選びいただきます。
2は通夜や葬儀当日の親族・受付役員・お寺様へのお食事や仕上げの会食、会葬礼状・返礼品などです。ここで費用の差が出てきます。
3は霊柩車やマイクロバスや各種レンタル用品です。
レンタル用品とは、貸衣装や通夜の日にご宿泊される時のお布団などです。
4は各お寺様や寺総代様に問い合わせていただきます。

1~3が葬儀業者へお支払い頂く費用です。
4についてはお寺様への御礼ですので葬儀社ではなく、お寺様へお渡しいただきます。

葬儀の日程はどのように決まるのですか?

当家様、自治会、お寺様、火葬場の予定を調整して決定します。
1.場所を決めます。そして当家様の希望の日程をうかがいます。
2.次に自治会・菩提寺様へ連絡し都合を聞きます。
3.市役所へ死亡届けを提出し火葬の予約を入れ、許可書を貰う
(丹波市役所は、24時間届け出は出来ますが、火葬の予約は午前8:30~午後5:15迄です)
通常はこれで出棺の時間が決まり、開式の時間が決まります。希望が午後からでも火葬場が予約できない場合は時間の変更もありますので、時間が確定するまでは、友人や会社に日程の連絡は避けて下さい。日程が確定次第連絡されても遅くはありません。

遺影写真ってどんなのがいいの?

昔の遺影写真って、白黒でなんか恐いイメージがありませんか?
でも今の遺影写真はカラーで優しい雰囲気があります。
遺影の写真の選び方にきまりはありません。故人様らしいお顔のお写真で構いません。
大きさは車の免許書ぐらいの大きさがあればつくることができます。
遺影写真にする際に、服装や背景を変えることができますので、お気に入りの表情のものをお選び下さい。
最近では、ラフなお姿のスナップ写真を遺影写真にされる方もおられます。

通夜・葬儀は同じ場所でしないといけないのですか?

決まりはありません。
よく打合せの時に「通夜も会館ですか?」と尋ねられます。
実際に、通夜は自宅で葬儀は会館でされる方もおられます。きまりはありませんので、当家様の都合や希望でお決めいただいております。
自宅で通夜をご希望の方は、通夜用の祭壇を用意いたします。

友引の日に葬式やっていいの?

構いません。
友引の葬儀は、「死者が友を引く」と言う迷信から避けられてきました。しかし最近では、友引の日は開式を午前中にしたり、時間をずらして行うことが多いようです。
地域によっては友引は火葬場が休みの場合がありますが、丹波市内火葬場は、暦に関係なく葬儀がおこなえます。
色んな考え方がありますので、親族様でご相談の上お決め下さい。

湯灌(ゆかん)って何?

湯灌とは故人のご逝去に際し家族や遺族が集い、さかさ水(たらいに水をはりその上からお湯を入れる)を作って、皆で故人の身体を綺麗に清めると言う儀式です。
ただ単に身体を綺麗に清めると言うだけでなく、現世での悩み、苦しみや煩悩をあらい流し、無事成仏できると信じられているしきたりです。

葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら