もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

地域の風習

2018
10/17
葬祭部の奥川です。

葬儀業界に入り、11年目に入りました。

長かったような、短かったような感じです。本当に沢山の御縁を頂き、お手伝いをさせていただきました。その中でもまだまだ、解らないのが各地域の風習です。いまだに、解らない事も沢山有り、地域の方やご当家にお伺いしながらお手伝いをしています。お茶碗割りや霊柩車の通りみち等・・・
地域の方々が、今でも守っている風習が覚えられず自治会の方や、お家の方より指摘を受けることもしばしば・・・

葬儀の風習は自治会毎に有ります。簡素化され、今ではほとんど無い自治会も有りますが、何かしら残っています。それを、今でも守っておられる自治会の方々には、頭が下がります。

何事もそうですが、昔からの風習を守っていくことは、大切な事です。

時代と共に・・・と最近よく言われますが、時代と共に失われていく風習が有ることに淋しく思います。



戒名と法名

2018
10/10
葬祭部の広田です。

父が亡くなり10年が経ち最近1人でお墓参りに行ってきました。
今年の2月に祖母が亡くなったので「戒名彫ってあるかな?」と隣のお墓を確認したところ
ちゃんと霊標に彫刻してありました。
ですがそもそもこの時の私の「戒名彫ってあるかな?」という疑問は間違っているようです。
なぜかというと広田家は浄土真宗ですので「戒名」ではなく「法名」になるのです。
知りませんでした。
戒名は「自力修業を目指して受戒した人に対して授けられる名前」
そしてそもそも浄土真宗には仏様の弟子になる為の修行がありません。
ですので戒名ではなく法名と言います。
私の父親は「頑張る」とか「努力」が嫌いな人だったので修業しなくて済んでホッとしているかもしれません。

taki_syugyou.png

おじいちゃん蛙

2018
10/08
葬祭部の奥川です。

お葬儀を終えられ忌明け法要で納骨のお手伝いにお伺いしました。
地で準備をしながらご家族がお越しになるのをお待ちします。来られたらご住職のご指示の元、納骨をします。ご納骨の後、焼香をされている時に子供さんが、お墓をジッと見つめておられました。みなさん何?と思われたのでしょうか、同じように見られておりました。そこに居たのは、なんと蛙でした。
 

kaeru_amagaeru.png

その様子を見ていたご親族の方が『おじいちゃんが見にきた』 と言われました。ほのぼのとした心に残る、ご納骨の儀式となりました。



お茶碗割り

2018
10/02
葬祭部の広田です。

山南町の葬儀では自治会によって出棺の際に故人様のお茶碗を割ることがございます。
「帰ってきてもあなたのご飯は用意できませんよ」という意味を持って割るのですが
私自身はこの風習はやりたくないなという気持ちです。

たまに、この風習が残る自治会の方の葬儀でもお茶碗割りは当家の希望で行わない事もあります。
「帰ってきたいなら帰ってきたらいいやんか」という気持ちでいらっしゃいます。
私も同じ気持ちです。

全く知らない方が家のご飯を食べに帰ってきたのなら困りますが、ご先祖にあたる方が、帰ってこられたのであればご飯は食べさせてあげたいと思います。お茶碗も故人様の大切な思い出の品ですから風習に縛られる必要は無いと私は思います。

20181002.png

終活セミナーを行いました

2018
09/28
葬祭部の奥川です。
先日、もみじ市民ホールにて会員様対象の、終活セミナーを行いました。

お話したことは、
・終活で何をしたらいいのか?
・日本の高齢化の現状
を約1時間お話させて頂きました。

今回は5名の参加をいただきました。
終了後は、お菓子を食べながらの座談会になり
アットホームな時間を過ごされていました。

終活についても随時相談に乗らせて頂いております
ご質問等ありましたら、いつでもお電話下さい

CIMG7785.jpg
<< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら