もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

ロウソクの火

2018
01/19
葬祭部の広田です。

小さい頃、誕生日やクリスマスの時のケーキのローソクは勢いよくわくわくしながら吹き消していました。しかし葬儀に関わるローソクや線香の火は吹き消してはいけないとされています。同じロウソクなのに何故だろうと疑問に思い調べてみました。

どうやら仏教では、人間の息は「穢れたもの」「不浄なもの」として認識されているようです。なんだか失礼な気がしますね。ですが確かに人間の口からは他人の悪口や罵詈雑言を言いますので、仏様が嫌うのも無理はない事かもしれません。

同じ理由かは定かでは有りませんがキリスト教でローソクの火を吹き消すのもNGのようです。

どうやら吹き消しても良いローソクはケーキの上にしかないようですね。

006003.smpl.jpgのサムネイル画像

ご自宅での家族葬

2018
01/17
葬祭部の奥川です。

先日、ご自宅でのお葬儀をお手伝いさせて頂きました。
「自宅で家族葬で見送りたい」と言われた喪主様の意向です。
費用面の事も有り、立派なお仏壇を荘厳壇に使用し、お仏壇の左右に供花を飾りました。
外回りですが、「通夜には家族葬といっても、隣保の方がお参りに来られるかも」と言うことでしたので、門前提灯を飾り足元を照らすような形にしました。
本当にシンプルな飾りでしたが、自宅でのお式というだけで雰囲気もあり、良いお式になりました。

お家により、様々な事情やお考えが有ると思います。出来る事、出来ないことももちろんあります。
しかし、出来る限りご当家の意向に沿ったお葬儀をお手伝いしたいと思っております。
お葬儀の打ち合わせの時には、ご当家の意向を必ずお伺いいたしますので遠慮なくお話下さい。

妊婦とお葬式にまつわる言い伝え

2018
01/15
葬祭部の杉上です。

「妊婦さんはお葬式に出てはいけない」と、聞いた事が有ります。

「妊婦がお葬式に出ると赤ちゃんがあの世に連れていかれる」
「妊婦は火葬場に入ってはいけない」
「妊婦はお骨を拾ってはいけない」

よく聞く言い伝えですが、これらの話は迷信で根拠はないとされています。

昔の人は妊婦が忌み事に出席するのを厳しく戒めていたそうです。死者を葬る儀式や、それにまつわる場所は、古くからけがれたものとされてきました。今でもお葬式から帰ると、玄関先で塩をまいて体を清める風習が残っている地域が有ります。

疫病などによる死者が多かった昔は、うっかり葬式に出て妊婦が感染することも有ったでしょうから、「葬式に出るな」というのは、その危険を避ける為だったとも考えられます。

また、昔の人たちは「死」そのものに対する恐れも、今よりはるかに強いものがあったのでしょう。「おなかに鏡を入れて葬式に出席すれば大丈夫」という迷信も各地にあるようです。その理由は「死者の霊魂が寂しがって、おなかの赤ちゃんを道連れにしようとするが、おなかに鏡を入れておけばそれを跳ね返してくれる」からだそうです。

こうした話を信じる人は今は少ないと思いますが、迷信を気にしてではなく親族としてお葬式に出るとなると、体に負担がかかっておなかの赤ちゃんに影響があるのでは?という心配はあると思います。具合が悪いと思ったら、早めに帰らせていただくとか、疲れたら断ってちょっと横になるなど、無理をしないようにしてくださいね。


妊婦pt0315_img02.gif

手元供養

2018
01/09
葬祭部の広田です。
明けましておめでとうございます。
2018年 平成30年になりました。
平成最後の年になりますが次の年号はいったい何になるのでしょうか。

さて表題にあげました手元供養のお話を今回はさせていただきます。
満中陰を迎えた時に故人様のお骨を納骨しますが分骨したお骨はその時に納骨する必要はございません。
「少しでも長く傍に置きたい」そういう気持ちのある方はもう少し心落ち着かれてから納骨されるのもいいでしょう。

さらに今は手元供養の商品も種類豊かです。
ソウルジュエリーは少しお高いですがアクセサリーですので常に身につけることも可能です。
お金をかけないのであればお骨を入れたお守りを自身で作るという方法もあります。
手元供養の形式は様々ですので故人様を大事に想う気持ちを形にすれば
それだけで喜んでくださることでしょう。
ojizousan.pngのサムネイル画像

除夜の鐘

2018
01/05
葬祭部の奥川です。

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
皆さんはどのようなお正月を迎えられましたか?
私は12月31日より体調を崩し、元旦から3日間寝込んでおりました。(泣)

さて、大晦日になるとお寺では除夜の鐘が鳴り響きます。
108回の鐘の鳴る音を聞きながら新年を迎える方も居られると思います。
ではなぜ108回なのでしょうか。
諸説では、人は108の煩悩が有ることからその数だけ鐘を叩き、煩悩を追い払うとされています。
煩悩とは、欲望や怒り、苦しみ等の心の乱れを指します。

除夜の鐘は、お寺によれば叩かせて頂ける所も有るそうです。
機会があれば私も叩いてみたいです!
<< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら