もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

ご家族で終活

2017
08/02
8月に入りお盆の時期が近づいてきました。
都会に出ているお子さまや、お孫さまが帰って来られる方も多いと思います。

突然ですが、皆さんはご自身に介護が必要となった時、亡くなってからの事をご家族で話された事はありますか?
よく、「子供が勝手にしてくれる」「子供に任している」と言われる方がいます。

保険や財産の事については、お子様が全て把握されているのなら問題はありません。
しかし大変なのは、何も把握していない時です。まず、何処に保管しているの?という所から始まります。
生命保険については、保険会社が分からなければ、死亡保険の請求ができず、誰が受取人になっているかすら解りませんよね。
財産についても同じです。
通帳が何処にあるのか、どの銀行にどんな収入があり、どんな支出があるのか。そんなことまでご存知の方は少ないのではないでしょうか。

お葬儀をお手伝いさせていただく中で、何処に何が有るのかが全く分からないというお話もよくお聞きします。
女性が管理されている事が多いからでしょうか。特にお母様が亡くなられた時には皆さんあたふたされています。
すべて管理されている方が認知症になったり、突然お亡くなりになられた時にはもう大騒ぎです。

お盆やお正月でお子さんが帰省されるときには、少しそんなお話をされるのも良いですよ。

奥川

実家の菩提寺

2017
07/31
『終活読本ソナエ』にて、家の宗教、宗派についての読者アンケートが有りました。

①あなたの家(実家)の宗教、宗派をご存知ですか。
 「知っている」65.7%
 「知らない」28.5%

②菩提寺はどこの寺かご存知ですか。またお付き合いはありますか。
 「知っており付き合いもある」41.9%
 「知っておるが付き合いはない」45.1%
 「知らない」12.9%

丹波市で生まれ育ち、その後も丹波市にお住いの方はお寺のことはご存知でしょうし、お付き合いもあることでしょう。しかし、学生の頃から地元を離れ、その後も地元以外で仕事に就かれた方であれば、葬儀や法事がなければ知る機会がないかもしれません。

『終活読本ソナエ』では、宗派を知らなかったために、トラブルに巻き込まれれることが有ると書かれています。例えば、ご子息が都市部にお住まいで、高齢のご両親が都市部で同居されて亡くなった場合、ご子息が宗派や菩提寺を意識せずに都市部で葬儀をし、いざ実家の墓地に納骨しようとしたところ、宗派の戒名ではないと分かり納骨できない、または戒名の付け直しが必要になった、ということが有ります。戒名は各宗派で教義上の理由付けが有りますから、どの宗派でも同じというわけではありません。

もうすぐお盆です。都市部にお住いの方も帰省されることでしょう。その時に聞いてみてください「うちのお寺さんどこか?何宗か知っている?」と。
知っておられたら一安心ですが、知らなかったら、この機会にぜひお伝えしてくださいね。

お盆summervacation9.gif

杉上

死ぬ時に後悔する10個のこと。

2017
07/27
先日、死ぬ時に後悔する10個のこと、というリストを目にしました。
少し調べてみると、「10個のこと」のみならずに、「20個のこと」「25個のこと」・・・。沢山出て来ました。
「死」と「後悔」と付いているからか、どうしても気分が沈みそうなリストですが、読んでいると不思議と「後悔しないように生きよう」という気持ちになりました。

数ある「死ぬ時に後悔する〇〇個のこと」リストから、私がドキッとしたいくつかの項目をご紹介します。

・他人がどう思うか、気にしすぎなければよかった。
・もっと旅をすれば良かった。
・あれこれと心配しすぎなければ良かった。
・自分のやりたいことをやらなかったこと。
・趣味の時間を十分に取らなかったこと。

他人の目をあまり気にせず、行ってみたい所へ旅行に行き、あれこれ心配せずに自分のやりたいことをし、趣味の時間を沢山持ち・・・。
文章で読むと、自由すぎる気もしますが、多くの方が死ぬ時に「もっと自由に生きれば良かった」と後悔しています。
後悔の少ない人生を送る参考にもなるので、気になった方はぜひ検索してみてくださいね。


自由.png   自由2.png

瀬川

お盆

2017
07/24
もうすぐ、お盆の時期がやってきます。
皆さんお盆には、様々なお供えをし、ご先祖様をお迎えされると思います。

お盆のお供え物にも色々な意味が有ります。今回はお盆のお供え物の意味を少しだけご紹介します。

『茄子の牛・胡瓜の馬』
茄子の牛には荷物、胡瓜の馬にはご先祖様が乗り、お家へ帰ってくると言われています。
『迎え火・送り火』
帰路の目印として家の門口にてオガラを短く切り、丸めた半紙と一緒に焚きご先祖様をお迎えします。
『水の子』
茄子と胡瓜をみじん切りにして、洗米と混ぜ合わせて小鉢に入れます。餓鬼衆は火を恐れるので火を使わない料理や、やせ細った喉も通るように小さく刻むと言われています。
『盆提灯』
冥途の暗闇に迷わないように常夜灯を灯します。

地域や宗派により意味合いが異なることもありますが、一般的なものを紹介させていただきました。
お盆.jpg
奥川

湯灌

2017
07/20
納棺の際に行われる『湯灌』をご存知ですか。

浴槽を用意し、温かいお湯にて亡くなった方のお身体を洗い清める儀式です。
現世での汚れや苦しみの一切を洗い清めるといわれています。また、人が生まれた時、最初に産湯に浸かるのと同じように、生まれ変わりの為の「産湯」の意味もあるともいわれています。

また、人は生前1日の終わりにはお風呂に入り、その日の疲れを癒します。お風呂に入って1日の汚れを洗い流すことで、気持ちの良い眠りにつくことが出来ます。湯灌は、このような生前の習慣を故人にも反映し、一生の仕事を終えて最後の癒しとして入浴させてあげるという思いやりの儀式でもあります。

他には、死後の体からは体液や血が流れだすことも有りますので、これらをきれいに流し、衛生的に保つという意味も込められています。

先日、お手伝いをさせていただいた葬儀のご家族は、故人様が温泉とお風呂が大好きだったから、と湯灌を選ばれました。元々、色白のきれいな故人様でしたが、温かいお湯で清められたお顔は本当におきれいで、安らかな表情をされていました。

病院で亡くなられた場合、看護師さんがきれいにしてくださいますが、自宅での最後のお風呂も良いものですよ。

杉上
<< 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら