もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

もみじ和田ホールオープン

2018
12/01
葬祭部の義積です。

いよいよ和田ホールが12月22日にオープン致します。当日は、オープン記念イベントとして大抽選会をはじめ、楽しい催し物をご用意しております。
抽選会 
 
大抽選会の景品第一位は、ダイソンの掃除機。牛肉、この時期に重宝するファンヒーターも当たります。
しかも空くじなしですので、必ず何かが当たります。もみじ倶楽部の会員様限定でご参加できます。会員でない方は、当日ご入会いただくと参加できます。

20181201ダイソン掃除機.jpg

講演会
特別講演は二部構成。第一部は柏原町の岡林写真館様の遺影写真のお話です。遺影写真といえば、定番は着物やスーツで正面を向いているものが多いです。それはそれでとても素敵なのですが、一味違う遺影写真を撮られます。

二部は、市川愛さんの講演です。市川さんは一般社団法人終活普及協会理事をされており、日本初の「葬儀相談員」です。講演のテーマは「良心的な葬儀社の選び方」「終活について」です。葬儀は分からない点が多いですが、葬儀社の言いなりにならず納得できる葬儀を行うのはどうしたらいいのか、葬儀後に起こるトラブルなどを分かりやすく話されます。また、葬儀業界の都合に偏ることなく消費者の立場からの目線ですので葬儀の正しい知識を知ることができます。

20181201市川愛さん.jpg

無料屋台
 会場では無料屋台の「えきそば」「たこやき」「おにぎり」があります。イベントの最後にはお花のプレセントも。他にも盛りだくさんのイベントを準備しております。オープンイベントお知らせは、新聞折込や会員の会報でも今後ご案内します。会館見学を兼ねて是非お越しください。当日はスタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

喪主のあいさつ

2018
11/29
葬祭部の杉上です。

osoushiki_monushi_couple.pngのサムネイル画像

テレビのニュースやワイドショーで、11月21日に俳優の津川雅彦さん・朝丘雪路さん夫妻の合同お別れ会が、東京の青山葬儀所で執り行われたと放送されていました。

娘さんの真由子さんが喪主を務めていて、
『いつも度肝を抜かれる父と母でした。完璧ではなかったですけど、私の中では世界一のお父さんとお母さんだったと今は言えます。お父さん、お母さんの娘に生まれて良かった。』と涙を流しながら、ご挨拶をされました。

もみじ市民ホールでの式でも、もらい泣きしてしまう私。
テレビを見ていた短い時間でさえも、何回見ても、もらい泣きして、その度にティッシュで目頭を押さえていました。

どなたも、亡くなられた方との想い出を回想しながら、素直な気持ちとあふれる感情を言葉に出されたものは、心に響きます。

真由子さんの挨拶を見ていると、つい考えてしまいました‥‥
私も、心に響くような挨拶できるのかなぁ...と、そして私が亡くなった時には、子供にちゃんと挨拶してもらえるのかなぁ...と。

私が亡くなった時はさておき、家族との想い出は大切に日々を過ごしていけたらなと思います。








お骨はどうする?

2018
11/27

葬祭部の横田です。

お葬儀が終わったら親族の方には火葬場に向かわれます。
収骨までの間は待合室を取れば火葬場で待つこともできますが、
大概の方はもみじ市民ホールに戻ってこられます。
そして、また収骨の時間になったら火葬場に行って、初七日があればまた戻ってきます。

その時にはお骨壺を抱えて...

そこでずっと気になっていたのですが、お骨ってどんな供養の仕方があるんでしょう?

まぁ普通にお墓に納骨する、お寺で供養していただく...というのはごく一般的な方法ですね。

それから樹木葬、散骨、手元供養という少し聞いた事のある言葉から、
ゆうパックで送って永代供養!遺灰をロケットで飛ばして宇宙葬!ダイヤモンドにしちゃう!
なんてものまで。夢がありますね。

地域の風習にならって供養するのか、そばにいてもらうのか、自由にしてあげるのか。

手元供養は以前から割と気になっていたのですが、
アクセサリー型だったり、置物のような形だったり、
小さな骨壷にお骨を少しだけ納めて自宅や持ち歩きで保管する方法です。

DSC_0071.png
写真は森田石材店で展示しているものです。

一輪ざしがついている飾り台とお骨壷のセットなのでお花で雰囲気を変えたり写真を飾ったりしてもいいと思います。
手元供養のお骨壷はほんの少しだけお骨を入れて供養するものなので、
小さくてかわいらしいものが多いです。足を運んでいただいた際はぜひご覧くださいね。


男って弱い...?

2018
11/23
葬祭部の佐々木です。
入社して2ヶ月目になりました。

早くお仕事に慣れるよう、日々奮闘しております。
この会社では新米ですが、葬祭業に携わるようになってもうすぐ1年程になります。

その中でひとつ感じた事があります。
それは...男性より女性の方が強い!

奥様を先に亡くされた旦那様はだんだんと弱り、短命になる傾向が高く、
逆に旦那様が先に亡くなった場合だと、奥様は毎日を楽しみながら、健康で長生きされる方が多いように感じます。
葬儀の際の喪主挨拶でも意外と男性の方は泣いてしまう方が多いですが、女性は耐えて、しっかりと話す方が多いです。
一概には言えませんが...。

「母は強し」と、良く言いますし、
女性の方が精神力と言うかストレスに対する耐性が強いのでしょうか。

どうしてそうなってしまうんでしょう?
ちょっと気になったので、また詳しく調べて次回のブログで書いていきます。

pose_oisugaru_man.pngseikou_banzai_woman.pngのサムネイル画像

喪中ハガキ

2018
11/21
葬祭部の広田です。

年末になり年賀状の時期になりました。
今年身内に不幸があった方は、
年賀状の代わりに喪中ハガキを出します。

しかし年末の忙しい時期、
周りのお世話になっている方はおそらく年賀状を既に投函してしまっているでしょう。

年賀状を出してしまった後に身内の方に不幸があったら...?

そういう時は寒中見舞いとして挨拶をいたします。

喪中ハガキも寒中見舞いハガキも、もみじ市民ホールでご準備させていただきます。
ご入用の際はお声がけください。
<< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら