ブログ「もみじ市民ホール」
私の身の回りの記事

愛猫の死

2020
08/21
葬祭部の杉上です。

8月になって、17年一緒に暮らしてきた愛猫が旅立ちました。

ずっと元気で弱ったところを見たことが無かったので、病院へ行くこともなく気がついたら「もう、17年か!」という感じでした。それがひと月前から、いつもと違う行動をしかけたので、病院へ連れて行きましたら、腎臓の数値が良くないとのことで点滴を打って、薬を処方してもらいました。薬なんて飲ませたことないから、最初は指先に痛い思いをしましたが、なんとか飲ませ続け数値も良くなってきて安心していたのに、最期は突然やってきました。

幸いにも私が出勤前で、異変に気付くことが出来たので、私の腕の中で看取ることが出来ました。

突然の事だったので、体を冷やして1日は家で過ごさせて、翌日の火葬の手続きを市役所で行いました。そして骨つぼを持って帰るのに、ペット用骨つぼを見た時に
「小さい!」「お骨は全部持って帰りたい!」と思いました。ペット用骨つぼの大きいのを手配するのは、残念ながら間に合わないので、通常の5寸のつぼを持って帰ることにしました。
お骨はつぼの半分くらいで納まりました。

今までペットが亡くなって展示場へ骨つぼを買いに来られた時は、小さいのをおすすめしていましたが、自分が経験してみて初めてペットを失った方の気持ちが分かりました。私と同じように全部のお骨を持って帰りたいと、思われる方もおられるかもしれません。その方のために、今までのペット用骨つぼのひと回り大きいのものを入荷いたしました。

P1010552.JPG

愛猫の骨つぼは可愛い色合いの風呂敷に包んで、部屋に置いて時々お香を焚いて偲んでいます。
「私んちの子で幸せやったんかな」
「もっとしてあげられることあったかな」
色んな思いが繰り返されて、涙を流してしまいます。命を失うことは辛いです。

「あの子は生き切った」「あの子は幸せだった」と思えるように、そしてあの子と一緒に過ごせた幸せな時間を胸に、1日1日を大切にしたいと思います。

娘に送る母の気持ち

2020
07/27
葬祭部の義積です。

友人が、娘の一人が遠方の勤務先になるきっかけに、いつ帰ってくるか分からないと考え、今のうちに3人の娘さんに自分の貴金属を贈ろうとしていると聞きました。自分の婚約時に送られた婚約指輪、パールのネックレスなどを今風にリフォームして娘さんに贈られるそうです。普段の生活では貴金属は付けないとはいえ、大切な物を娘に残す気持ちと、贈られる三人の娘さんとは温度差があったそうです。全てにおいて話す機会が無く、自分の気持ちが伝わらないからこの先不安とのことでした。

私は友人にエンディングノートを勧めました。「書くのは難しい?」との問いに「全て埋めようとせず、気軽に書いたらええよ」とアドバイスしました。エンディングノートは法的効力はありませんが、残された家族が困らないようにする為に必ず役立つ項目があります。エンディングノートを書きながら家族で話すきっかけになれば良いかと思います。

shinju_necklace.png

会いにきてくれた

2020
07/15
葬祭部の義積です。

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、亡くなった奥様の小林麻央さんのお墓参りに行った記事を読みました。お墓参りの時に、お供えした花に白い蝶が留まったそうです。それを見た海老蔵さんの娘さんは「ママかな?」と蝶に麻央さんを重ねられたという内容でした。

私もそのような体験をしたことがあります。私の場合は蝶ではなくアマガエルでした。母のお墓参りに行った時「義積家先祖代々之墓」と彫刻されている石のくぼみに小さなアマガエルを見つけました。ただのアマガエルなのですが、母が姿を変えてこの場所にいるのではないかと思ってしまいました。私は亡くなった両親にむしょうに会いたくなる瞬間がたまにあります。手に触れることも声を聞くこともできないと思うと、胸の奥がぎゅっとと苦しくなるのです。蝶であってもアマガエルであってもそこにいる何かが大切な人の代わりではないか、むしろそう思い会えた気持ちにするのだと思います。

kaeru_amagaeru.png

少し背筋の凍る経験

2020
03/02
葬祭部の門脇です。

葬儀の仕事をしていると、葬儀の仕事以外にも、色々な変わった経験をすることが有ります。

昔の事ですが、ある工事現場より墓石とお地蔵様がでてきたとの事で、知り合いのお寺様と一緒にお祓いに行ったことがあります。現場に行ってみると墓石複数と水子地蔵でした。そこに近づいた途端お寺様に『これはちょっと危ないかもしれない、門脇くん線香持ってこれ以上近づかないほうがいいで!』と言われ一気に緊張感が高まりましたが、何事もなくお祓いが終わりました。

何気なく近くを見回してみると、すぐ傍に花束と水が御供してあるの見つけこれは何か?と確認してみると、作業中に事故で亡くなった方が居られたそうです。
それを聞いた瞬間、一気に背筋が凍りました。

そのあとは水子地蔵などもお寺様に預かって頂き作業は終了しました。

こういう経験は葬儀屋でも稀かと思います。20歳から葬儀屋で働き始めて普通に生活していたらなかなか体験できない経験をいくつもすることができました。
これから先も葬儀屋として働いて行き、色々な経験をしていきたいと思います。


本当にあった怖い話

2019
08/20
葬祭部の門脇です。

台風も過ぎまだまだ暑い日が続きますので、少し涼しくなる自分の実体験をさせて頂こうかと思います。この仕事を長くしていて、一番か二番目に多く周りから聞かれることが『幽霊見た?』です。

率直に言いますと2度見たことが有ります!

その内の片方をお話しますが、あまり怖いという話ではありませんが、
そういった話が苦手な方はお気をつけください。


以前、勤めていた葬儀社での事です。
その日は当直で電話番をしていた時に、お客様より故人様の搬送のご依頼があり、夜中の1時半に病院まで迎えに行き、ご自宅までお送りする途中の事でした。
2時過ぎ頃、車には家の方が一緒に乗っておられ故人様のお話をしながら運転している時、不意に前方の左上くらいに周りが青く,中が赤く光っている球体が二つ空を左方向に飛んでいくのが見えました。何故か自分はその時それを火の玉と思う事が出来ず、ずっと流れ星だ!と思い『お金持ちになれますようにお金持ちになれます...(略』願い事をしていました。
しばらくするとお客様から『今のって・・・火の玉ですよね・・』と言われ、初めてそれが火の玉と気づくと、全身から血の気が引き鳥肌がぶわっと立ち急に怖くなりました。

1373915.jpg

その後、ご自宅に安置し葬儀の日時設定したあと普段ですと、日にちも空くので落ちついてから打ち合わせという形になるのですが、お客様も家で1人、自分も会館に1人になるので、すぐ前に火の玉を見ていて怖かったのも有り、少し照れながら意見一致で打ち合わせした時の事は今でも鮮明に覚えています。

後日、火の玉を見た場所から近くに住んでる同僚に話しをすると、その火の玉を見た場所で何年か前に交通事故で2人亡くなったと聞き ハッ! と一時期その道に花が供えられている事を見たことを思い出しました。見た当事者としては背筋の凍る情報でした。


以上になります。そこまで怖い内容ではないので申し訳ないのですが、自分としては良い経験だったなと思っています。葬儀社で働いて10年ちょっとですが、こういった体験をするまで幽霊などに対してまったく信用していませんでした。
自分自身『葬儀』という関係の仕事をしていると、どうしても他の仕事をしている人以上に体験する可能性がある事なので、それは他の方にはなかなか体験することが出来ない貴重な経験としてしていきたいと考えています。

もみじホールには葬儀経験の長い方もおられるので、また皆さんの体験談もあれば聞いてみたいと思います。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら