もみじ市民ホール ホームブログ「もみじ市民ホール」
ブログ「もみじ市民ホール」

しっかりと悲しむ

2020
07/10
葬祭部の杉上です。

式中もらい泣きしてしまいました。


businesswoman4_cry.png

元々、涙もろい私なのでご家族が故人様の事をお話されて聞いているうちに泣きそうになったり、喪主の挨拶の時に、もらい泣きしたり、司会進行しているのに、最期のお別れの時に感極まって、涙があふれたり、堂々と涙をハンカチで拭くわけにもいかず、白い手袋で涙を押さえているので、手袋にメイクの色が付いてしまいます(笑)。

先日、お手伝いさせていただいた葬儀の喪主様は娘さんでした。喪主の挨拶でお母さんへの思いをお話されたのですが、同じ娘として気持ちが伝わってきて仕事中でなければ、大泣きしていたと思います。

私の涙はさておき、大切な方がお亡くなりになることにおいて、悲しみをこらえるのではなく、しっかり悲しむということは、大切なことと言われています。故人がお亡くなりになってからわずかの間に、通夜、葬儀を行い、親族への対応もあり、忙しさに追われます。そのためお亡くなりの直後は、忙しさのあまり悲しみを感じることが出来ず、葬儀を終えてから悲しみを感じ始める方も多いようです。

ただ悲しいだけではなく、色んな感情となって現れる場合もあります。そんな時は無理に感情を抑えたりせず、出来る範囲で悲しんだり、泣いたり、心の思いを素直に出してください。そして身近な人に話を聞いてもらいましょう。それは友達や、ご家族かもしれません。故人の思い出話を一緒にしてくれる人や、話を聞いてくれる人であればいいですね。人によって個人差はありますが、辛い気持ちが癒えて、懐かしい思い出に代わってくる日がきます。

私たちも、葬儀後たびたびお邪魔します。よろしければ、その時にお話しください。

事前入会

2020
07/07
葬祭部の広田です。

よくお客様や地域の方に「葬儀が入ってない時は何してるの?」と聞かれます。
いつお客様が入ってもいいように会館をキレイに掃除したり、会館周りのゴミ拾いをしたり、時にはお客様のところへ訪問したりしています。

特に最近はお客様のところへ訪問し「もみじ市民ホールの会員になりませんか?」と声掛けして回っています。
山南町内の会員様はおかげさまでかなりの数いらっしゃるのですが、たまに「どうせなにかあったら、もみじさん使うからその時でもええやろ」と言われ入会をお断りされる場合があります。「もみじさん使うから」という言葉は心から嬉しく思っているのですがやはり私共としては前もって入っていただけるとより嬉しです。事前に入会された方にはよりお得に葬儀をあげていただけますし、積立てのようなものもご案内しております。「もみじさん使うから」という方はぜひ前もってのご入会を申込ください。
ダウンロード.jpg

施餓鬼

2020
07/06
葬祭部の門脇です
前回は初盆について書きましたが、今回は施餓鬼のお話です。

お客様と初盆のお話をしているとよく出てくるのは施餓鬼の話です。施餓鬼が○○日にあるという話を言われ、施餓鬼ってなんなの?という質問をよくされます。餓鬼とは文字通り、餓鬼に施しを行うことを意味します。餓鬼というのは生前に悪行を行い地獄に落ちた魂や生前食べ物を粗末にしたり、俗世で供養してもらえなかったりして無縁仏となってしまった霊が地獄に落ちて鬼になってしまったもののことです。

そして餓鬼の世界のことは「餓鬼道」と言い六道の一つにあたります。餓鬼道は餓鬼は物を食べようとすると全て燃えしていまい常に飲食をすることができないため、飢えと渇きにもがき苦しんでいます。そのためにに食物や飲み物をお供え物として捧げ、法要を執り行います。簡単にいうと地獄にいる餓鬼に対して施しを行い、この世にいる自分たちの極楽往生を願うのが施餓鬼となります。

宗派によっては亡くなった方の供養も含んだり仏様の働きで子孫繁栄にもつながるとされるものもあります。ちなみにお盆だけでなくお彼岸の時期にもされる寺院あります。まだ山南のほうでは詳しくはわかりませんが、私が昔働いていた加西市では施餓鬼にはその年に初盆を迎える家が寺に集まり、施餓鬼をされておられました。お客様に施餓鬼はどうでした?お聞きすると住職様より色々な話を聞けて楽しかったですというお話もありました。全国的に見ると初盆とは関係なく基本的には故人や先祖を供養する目的ではないので毎年参加をするところも多いそうです。

obon-530x500.png

葬儀費用は〇万円

2020
07/05
葬儀社の折込みチラシの中には、葬儀プラン〇万円と書かれている場合があります。チラシなどで書かれている金額は、単純にその金額通りの場合と、その金額通りでない場合があります。

そもそも葬儀費用は大きく分けまして四つの費用から成り立ちます。
1・葬儀プラン(祭壇や棺・骨箱)
2.おもてなし費用(親族の食事)
3.別途費用(車両や火葬料金)
4.宗教者に支払う費用

費用は葬儀の種類や大きさ、親族の人数により大きく異なります。チラシの金額は、4の宗教者に支払うするものを除く他の費用の一部が含まれます。 

プランに含まれていないものは更に料金が加わります。仮にプランに料理が含まれていたとしても10人分のみで、実際の親族の数が25人だと足りなくなりますので必然的に料理代が増えます。なお、もみじ市民ホールでは料理は含まれておりません。親族の人数をはじめ、どのような時間帯で葬儀をされるかは実際にお話しないと分かりませんので必要ないかもしれない料理を一律でつけるのは少し誠実ではないと考えているからです。

実際に葬儀をしたらどんどん加算されて最初の金額より大幅に高い葬儀代金になってしまったと他の葬儀社を利用された方から聞いたことがあります。多くの方が葬儀をすることに不慣れで、何が必要で何が不要か分からない部分が多くあります。実際に葬儀社に確認し他にどのようなものが必要か確認されるもの良い方法です。葬儀社言うのも変な話ですが、チラシに惑わされないようにお気をつけください。

事前に用意しておくもの

2020
06/30
葬祭部 義積です。


ある方から「葬儀をお願いするまでに何か事前に準備するものはありますか?」と質問されました。多くの方が葬儀をするのは初めてで不慣れです。

打合せの段階で必要なものを案内してからでも、全て間に合いますが、強いていうならば遺影写真です。たくさんの写真の中から故人様らしい写真を一枚選ぶのは大変です。ですから何枚かめぼしをつけておかれるのをおすすめです。

osoushiki_iei_obaasan.png

<< 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
葬儀を急いでいる。緊急で相談したい。何もわからない。お気軽にお問い合わせください。いざという時は24時間365日受付 0120-763-940 FAX:0795-77-2688 メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら